医療従事者は基本的に患者の幸せを願っている事が多い

多くの職業がある中、医療に携わる職業につこうとしている、もしくはすでについている人は、基本的に患者の幸せや症状の好転を願っている場合が多く、直接人の役に立てる医療系の仕事にやりがいを持って働けている人が多いです。
いいかえると、仕事を選択する動機が、そもそもが人のためになる、という使命感で行っている場合が多いため、条件や給料に細かくこだわりを持つ人は少なく、どちらかというと仕事作業自体にやりがいを感じているという場合が多い、ということにもなります。
もちろん仕事はハードで責任も伴うことが多いですが、日々学びや進展を実感できると自負している人も多く、感心させられます。
基本的に医療従事者は優秀な人が多いため、たとえ別の職業に転職したとしても、めきめき頭角を現す人も少なくないといえます。
例えば医師から研究者に変わる人も少なくないですが、基本的に素晴らしい実績をあげる人が多いです。
特に日本の学者や医者は、世界的にも勤勉で優秀という評価を得ています。